公認会計士になりたいと思ったら

公認会計士は、非常に人気のある資格です。
非常に専門性の高い知識が必要となる資格ですので、定年まで自分の武器となってくれるプロフェッショナルな資格です。
その専門性の高さにより、新型コロナウイルスの影響によって、転職活動が困難な状況下にあっても、再就職のハードルは、恐ろしいほどに低くなっています。
特に女性の方は、出産や育児などで再就職が難しいと言われていますので、非常に魅力的な資格だと言えます。

しかし、魅力的な資格ですから、誰もが取得したいと思っています。
しかし、日本国内において、絶対的に公認会計士の資格を取得している方は少なくなっています。
その理由は簡単で、非常に試験の難易度が高くなっているからです。
合格率は6パーセント代となっていて、国内でもトップクラスの難易度となっています。
そのため、資格を取得さえしてしまえば、くいっぱぐれがないとも言われています。

難易度の高い資格ですから、本気で取得するためには、計画的に勉強していかなければいけません。
自己流で勉強する方の大半が不合格となっていますので、試験の合格率をアップするためには公認会計士の予備校に通う事が重要になります。
例えば、老舗の予備校となったCPAなどでしたら、勉強方法などのアドバイスもしっかりとしていますので、非常に人気があります。