歯周病の予防は子供でも必要

歯磨きの指導は就学前からもされているので虫歯の予防はかなり徹底されていると思われます。
でも歯を磨くことだけに意識が偏り案外見落とされがちなのが歯周病です。
歯垢が残るとそこに含まれる歯周病菌によって歯の周辺が炎症を起こし、ひどくなると歯槽膿漏や出血あるいは抜歯という事態にも陥ります。
子供でも起こる歯周病は早い時期から予防する必要がありますね。
歯磨きの場合は特に歯周ポケットと言われる歯と歯ぐきの隙間や歯と歯の間を念入りに磨くことが大事です。
磨くと言うより歯ブラシの毛先をしっかり隙間に入れて歯垢をかき出すという作業が必要でしょう。
ただごしごしするだけでは歯の表面の汚れを落とすだけにとどまって歯垢は取り除くことにならないのです。
時間をかけて1本1本の歯(歯ぐき)を磨くという意識が大切だと専門家も言っています。
また口内に万遍なく行きわたる液体歯磨きも最近市販されているので、殺菌の効果も期待できると思います。
大人だけではなく、子供の頃からの正しい知識が歯周病予防には大切ですね。